【CHANEL】シャネルのトランスパラン・スカルプティング・ロゼをレビュー【ボームエサンシエル】

こんにちは、エミです。

今回は、シャネルのボームエサンシエルを3色レビューしていきます。

ボームエサンシエルといば、欠品続きの幻の品で、オンラインストアでは入荷しても5分で売り切れるという大盛況ぶり。

シャネルのボームエサンシエルのトランスパラン・スカルプティング・ロゼを全て今月入手しました。

3種類のボームエサンシエルを写真とともに一つづつ紹介していきます。

トランスパラン・スカルプティング・ロゼの3種類を比較した写真もあるので必見です。

それではさっそく見ていきましょう。

シャネル トランスパラン

シャネルの中でも濡れツヤ感が作れると話題のハイライトがトランスパラン。

トランスパランはこんな感じ。

ラメのない透明なツヤツヤと聞いていましたが、トランスパランはものすごく細かいラメが入っていました。

よく見るとわかる程度です。

シャネルのカウンターのお姉さんはファンデーションの上に重ねるのはもちろん、マットファンデの上からでも使えると言っていました。

濡れツヤがとても綺麗です。

▼トランスパランはこんな人におすすめ

・濡れツヤ感がほしい
・下地として仕込ませてツヤ肌を作りたい
・自然なツヤ感がほしい
・ツヤのある美肌に見せたい

シャネル スカルプティング

シャネルのスカルプティングがこちら。

とても人気ですよね。

シャネルのお姉さんに入荷日を教えてもらったおかげで入手することができました。

こちらは、トランスパランに比べてラメがたくさん入っています。

ひと塗りでツヤ肌が完成するのですごくお気に入り。

ズームするとこんな感じです。

Cゾーンや鎖骨、目頭など色々使えるので、女子であれば一つ持っておいてもいいのではないかと思います。

▼スカルプティングはこんな人におすすめ

・ツヤ感がほしい
・鎖骨に使いたい
・普段のメイクが濃い方だ
・さりげない輝きがほしい

シャネル ロゼ

シャネルのロゼは発売されたばかりの色です。

上気したようなツヤ肌が作れる優れもの。

血色感もツヤ感もほしい欲張りを叶えてくれるのがロゼです。

ロゼも細かいラメが入っていて、どこから見てもツヤツヤな肌にしてくれます。

チークの代わりに使っても可愛いし、すっぴんに使っても可愛いという超優秀商品。

シャネルのボームエサンシエルは色々な場面で活躍するのですごくおすすめです。

▼ロゼはこんな人におすすめ

・ツヤ感も血色感もほしい
・チークとしても使いたい
・すっぴんに使いたい
・ツヤ感のあるチークがほしい
・お風呂上がりの上気肌を作りたい

シャネル・ボームエサンシエルのトランスパラン・スカルプティング・ロゼを比較

シャネルのボームエサンシエルの3種類、トランスパラン・スカルプティング・ロゼを比較してみました。

まず、見た目の写真がこちら。

全部綺麗です。

ロゼは暗めのトーンに見えるかもしれませんが、つけてみると血色感そのものを集めたような色味になっています。

サイズ感に変わりはなく、中身の色だけ違います。

シャネルのトランスパランは「トゥルトゥル」、スカルプティングとロゼは「キラキラ」という感じです。

トランスパランが「濡れツヤ感」だとしたらスカルプティングとロゼは「ツヤ感」です。

全部それぞれの魅力があって綺麗なので、おすすめです。

まとめ

シャネルのトランスパラン・スカルプティング・ロゼは美肌を作り上げる優秀アイテムなのですごくおすすめです。

鎖骨や耳など顔以外の部位にも使えるのが高ポイント。

「わぁ、あの人肌キレイ…」と思われる肌にしてくれるのがシャネルです。

トランスパラン・スカルプティング・ロゼはそれぞれに良さがあるので自分のお気に入りを見つけてみてください。

全て入手すると、その日の服装やメイクに合わせて使い分けることができるのでおすすめです。

シャネルは他にもファンデーションやハンドクリーム、リップなど優秀商品がたくさんあるので、良いものを見つけたらまたレビューします。

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です