で人気急上昇コスメをチェックする

青汁の効果的な飲み方とアレンジ方法

悩める人

青汁の飲み方が知りたいな。まずいのはイヤなので美味しく効果的に飲みたい。青汁を美味しく手軽に飲みたいので一通りレシピを知りたいな。

青汁といえば、粉を水に溶かして飲むイメージですよね。

しかし、青汁のストレートな味わいが苦手という方もいるはず。

そこで、この記事では青汁の色々な飲み方を紹介します。

青汁のおすすめ飲み方アレンジ

青汁のおすすめの飲み方、アレンジ方法を紹介します。

青汁を水で飲む場合

青汁を水で飲む場合、キンキンに冷えた水を使うのがおすすめ。

ダマになりやすい場合は先にお湯で少し溶かしてから水を入れる。

飲みにくいと感じる方はハチミツを入れるのがおすすめ。

水分補給をしながら栄養も摂れて、冷たい水でリフレッシュできます。

青汁を牛乳で飲む場合

青汁を暖かい牛乳に混ぜて飲むと、ラテっぽくて飲みやすいです。

カラダも温まるので冷えが気になる時にもおすすめ。

100均にあるミルクフォーマーで泡立ててもOK。

青汁をお湯で飲んでも大丈夫?

もちろんお湯に入れても大丈夫です。

お湯で飲むとカラダも温まりますよね。

この飲み方だとはちみつも溶かしやすく、自分好みの味に調節しやすいです。

朝の白湯に青汁の栄養をプラスして、美容習慣にするのも良さそう。

青汁をジュースで飲む場合

青汁は酸味のあるジュースとの相性がいいです。

例えば、オレンジジュースやグレープフルーツジュース。

青汁粉末を混ぜてもフルーツジュースを飲んでいるような感覚で飲むことができます。

個人的には、パイナップルジュースが一番飲みやすいと思いました。

100%のジュースを冷やして使うのがおすすめです。

青汁の効果的な飲み方

青汁は食品なので、飲むタイミングに決まりはありません。

青汁をいつ飲むのがいいか迷っている方のためにいくつか紹介します。

寝起きの空腹に青汁を飲む

朝起きて、白湯に青汁を溶かして飲む方法。

寝起きなので、お湯かぬるま湯がおすすめです。

美容や健康のために白湯を飲む人もいますが、そこに青汁の栄養をプラスするイメージ。

食前に青汁を飲む

私は青汁でダイエットをしている時は食前に青汁を飲んでいました。

食前に飲むことで、食欲が落ち着くのでおすすめです。

青汁を飲むことによって、不足しがちな栄養素も摂ることができるので一石二鳥。

寝る前に青汁を飲む

寝る前に食物繊維が豊富な青汁を飲むと、翌朝スッキリする人もいます。

また、寝る前にホットミルクで青汁を飲むと体が温まるので冷えに悩んでいる方にもおすすめ。

カロリーも低いので、夜でも気にせずに飲むことができます。

簡単にできる青汁のアレンジ

手軽に栄養補給:バナナスムージーに青汁をプラス

スムージーに青汁粉末を入れることで、手軽に美味しく栄養補給できます。

レシピの例
・青汁粉末、バナナ、アーモンドミルク
・青汁粉末、ほうれん草、バナナ、ハチミツ

私は青汁でダイエットをしていた時に、夜ご飯の代わりに青汁スムージーを飲んでいました。

ポタージュに青汁をプラス

手軽に飲める粉末タイプのポタージュに青汁をプラスする方法。

青汁とポタージュの粉を一緒に入れてお湯で溶かすのですごく簡単。

ポタージュの味がしっかりしているので、青汁をプラスしても違和感なく飲めます。

手軽に栄養が摂れて便利。

シチューに青汁粉末を入れる

シチューはブロッコリーなどの野菜が入るため、青汁粉末をプラスしても違和感なく食べられます。

むしろ青汁によってコクが出るのでおすすめ。

子どもに栄養を摂ってもらいたい時にもピッタリ。

まとめ:青汁の飲み方よりも継続が重要

青汁は飲み方よりも継続して習慣にすることが重要。

自分が一番飲みやすいと思う方法で飲むのが続けやすくて良いです。

色々飲み方をアレンジしながら、青汁の栄養を継続的に摂取したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。